GAMEARCH ゲーム攻略メソッド 任天堂Wiki 

最新のゲームを集中攻略。ストーリー解説もあるよ。

アサシンクリードシリーズのおすすめランキング12選 PS4・PS5 攻略wiki | Gamearch

f:id:kengo1983:20220416212332j:plain

ユービーアイソフトが制作する暗殺アクションゲーム『アサシン クリードシリーズのランキングページです。

オープンワールド好きなら要チェック ?

アサシンクリード」シリーズとは、フランスに本社を置くゲーム会社・ユービーアイソフトが開発しているゲーム作品群のこと。自由を重んじる暗殺者の組織〈アサシン教団〉と、秩序を求める秘密結社〈テンプル騎士団〉との戦いを描いたステルスゲームです。

2007年にXbox 360で発売された『アサシンクリード』に始まり、現在に至るまで、メインシリーズだけでも12本以上のタイトルが発売されています。2016年にはハリウッドで映画化されているほか、2020年にはNetflixで実写ドラマ化も決定するなど、ゲームの枠を超えた人気シリーズです。

アサシンクリード」シリーズは、各時代に生きた暗殺者が主人公として描かれています。しかし、これは〈アニムス〉と呼ばれる遺伝子記を再現する装置によって、現代のもう一人の主人公が過去を追体験しているといった設定です。

過去パートでは各時代背景を交えた歴史フィクション、現代パートではサイエンスフィクションというように、1本のゲームソフトで2つのストーリーが同時進行するのが「アサシンクリード」シリーズ最大の特徴となっています。

爽快なパルクールアクション

アサシンクリード ヴァルハラ(★★★★☆)

ヴァイキング北欧神話をベースにした壮大なストーリー。
追加DLCでついに飛行が可能に、そのままエアアサシンも可能。最後に神話と現代がクロスオーバーするシリーズの第2弾。戦闘難易度など全てがカスタムが可能。

 

ウォッチドッグスレギオン

アサシンクリードのシリーズではないけれどゲーム中に登場します。

追加DLCにて隠れし者の末裔とテンプル騎士団が登場、ついに鷹の目がドローンになり光学迷彩などのガジェットを使い始める。

 

アサシンクリード オデッセイ(★★★☆☆)

前作よりパルクールアクションがスムーズになっています。クロスオーバーシリーズの第一弾。マルチエンディングを採用。こちらはオリジンズより戦闘が少し難しくなり、馬が弱体化。

 

アサシンクリード オリジンズ★★★★☆)

パルクールアクションが必要ないほどのアクションRPGに変化。
馬に乗っていれば戦闘のほとんどが解決するという、砂漠探索ゲーム
UBIのプリンスオブペルシャのようなゲーム

 

アサシンクリード シンジケート(★★★★☆)

パルクールアクションを駆使した移動、マスターアサシンに区切りがつく作品。全体的に纏まっておりアサクリシリーズが初めての人が遊びやすいタイトル。より難しいステルスアクションをしたい人は過去作に挑戦するのをおすすめします。

 

アサシンクリード ユニティ(★★★☆☆)

パルクールがぎこちない、攻略難度の高いゲーム性。序盤の追いかけっこで詰む人が続出した迷作。

 

アサシンクリード ブラックフラッグ(過去作★★★☆☆)

PS3向けに発売されたシリーズ、とにかく敵の逃げ足が速いのでパルクールを使ったフリーランに慣れることが前提のゲーム。

 

アサシンクリード ローグ(過去作★★★☆☆)

PS3向けに発売したシリーズ、敵のアサシンと激戦を繰り広げるため玄人向けのゲーム難易度になっている。

 

 

 

アサシンクリード(アサクリ)ヴァルハラのストーリー解説です。

 

アサシンクレストと教義「真実はなく、許されぬことなどない」

 

ヴァルハラがアサクリシリーズ初めての人はストーリーが意味不明な部分があると思いますので、先にヴァルハラのバイキングの部分を中心に説明します。

アサシンクリードとしての大きな流れを追って知りたい人には詳細な解説を本文の後半に準備していますので、先ずは目次に目を通してください。

ネタバレを壮大に含んでいます。最新作インフィニティまでのネタバレを予定していますので、バイキング(ヴァルハラ)編の解説を確認してください。

peraichi.com

ヴァルハラで起きたこと

ノース人のバイキング、エイヴォルは9世紀から10世紀頃のノルウェーに生まれる。幼少期に狼に襲われ「狼傷」と呼ばれるようになる。敵であるキョトヴィの襲撃に遭い、父ヴァリンの死を目の当たりにして以来、シグルドの家に引き取られて兄弟として育つ。シグルド一家はノルウェーの王族として略奪を行うが、イングランドからサクソン人の訪問を受け配下に加わった。シグルドが実父の威光を取り戻すためイングランド統一を決意して旅立つ。そこにエイヴォルが同行する。

エイヴォルは時折、オーディンの幻視に導かれ悩む。預言者ヴァルカの助言で幻視の謎を解き明かそうと動くとき、隠れし者との接触、古き結社の暗躍、そしてアース神族の記憶が幻視として見え始める。幻視は自分にしか見えていないことに気づく。イングランド中を略奪、そして侵略していくごとに謎が深まり、エイヴォルは幻視と向き合い謎を解く決意をする。

 

▶現代において

ヨーロッパの各所で見つかる遺伝子記録を研究・調査していた元オズグローブ社のエージェントだったレイラは元同僚からの連絡を受けバイキングの戦士エイヴォルの亡骸を発掘調査していた。地球は太陽フレアの影響で滅亡に近づいていた。彼はなぜこのイングランドの地で埋葬されるに至ったのか、その遺伝子記録を調べることで人類滅亡を回避できるのでは、そう確信したレイラはアニムスver2.0を使いエイヴォルの意識にシンクロしていく。

シンクロすればするほど古代人に関する記録が発見される。そして、エイヴォルとのシンクロを邪魔しようとアニムスに介入する新たな勢力の存在に気づく。人類誕生の手がかり、古代人の転生の秘密、そして太陽フレアを防ぐ手段にたどり着いていくのだった。

アースガルズへの招待

繰り返される幻視に疲弊したエイヴォルは預言者ヴァルカに助言を求める。ヴァルカの秘薬により深い眠りの中でアスガルズの高き者”ハーヴィ”の幻視を鮮明に記憶に焼き付ける。そして死を恐れあがくハーヴィの生き方に違和感を覚え、自信を省みる。自分は他者を犠牲にしてまで生きながらえたくはないと思うのであった。

アスガルズの3人の預言者はハーヴィに死から逃れられない運命を告げる。予言に恐怖したハーヴィはアスガルズ中の全ての狼を封印しようとしていたが、狂神ロキの策略によりフェンリルと対峙してしまう。ハーヴィはフェンリルとの闘いを避け逃げ回り、他者を巧妙に利用しながらフェンリルの拘束を成し遂げる。ロキは幽閉された我が子フェンリルを探し回った結果、ハーヴィと対峙して逃亡を図る。

神々は死を恐れていた、そして誰よりも運命を受け入れることをハーヴィは恐れた。だがそれも生命の泉によって希望がもたらされた。巨人スットゥングの持っていた「酒」と呼ばれる魔法の水が転生を可能にすることを知る。酒の出どころは生命の泉にあった。

泉の水には魔力が宿る。ハーヴィは自身の左目と引き換えに泉の水を活性化させ、転生し死を免れる秘宝を手に入れた。夢から目覚めたエイヴォルはことの詳細をヴァルカに聞かせるが、双方とも夢の指し示すものが何かは理解が得られなかった。

 

古き結社の暗躍

イングランド七王国を襲撃中に見つかる謎の文章、紋章、古代の遺跡、これらは何を示しているのか謎はただ深まっていく。エイヴォルは人々の苦しみを知り栄誉への信念が崩れていく。自らがこだわり続ける栄光と名誉は本当に自分の求めるものなのだろうか。そんな葛藤の最中、シグルドが古き結社とバシムの策略によってパラディン・フルケに誘拐されてしまう。各州の首長との盟約を使い、兵を招集したエイヴォルはシグルド奪還に向けてパラディン・フルケを追う。ミトラス教団は確実にイングランド中に広がっている、そう確信したエイヴォルは各国を回り州代官にも協力を仰ぐ。。

 

決死の覚悟で救出したシグルドは片腕を失い拷問により狂気に振れたように見えた。シグルドは何を口走っているのか、エイヴォルは混乱と疑惑の眼差しを彼に向ける。自分を神の生まれ変わりだと口走るシグルドに戸惑いながらも、彼を失いたくない一心で義兄を守りながら新たな旅路につく。

 

古き結社の崩壊

エイヴォルの活躍により次々に古き結社の幹部が打倒されていった。キリスト教の司祭から州代官まで、汚染はサクソン人に広がっていた。そしてエイヴォルは「貧しき戦者の友」と呼ばれる人物からの協力を受ける。姿の見えない協力者はエイヴォルに結社打倒の手がかりを伝え、ついにその姿を明らかにする。なんとその正体は西方の王アルフレッドその人だったのだ。彼は結社の最高幹部「父」を先代国王から継承し、自らの信じる道と反する結社の思想に葛藤、家臣とともに内部崩壊を計画していた。これにはエイヴォルも驚きを隠せない。自分の協力者と、その敵対組織の首魁が同一人物だと知って笑い出した。アルフレッドはキリスト教こそが人を導くと信じており、キリスト教の布教に力を注いでいる。これは結社からキリスト教へと支配体制が移行する兆しのように思えた。

残る【母】【聖女】とは何者なのだろうか。

▶アニムスの中で

エイヴォルの記憶と常時接続を行うレイラに意識の流入が起こっていた。人格置換とはいかないまでも、何らかの使命感が強まっていたのは間違いない。エイヴォルの遺伝子記憶の中に発生するデータの異常を解消するたびに何者かの干渉が入る。この声は以前にどこかで聞いたことがあるがハッキリとは思い出せなかった。謎の声は叫ぶ「私の子供たちはどこにいる?絶対にみつけだす」「最近【父】【母】【聖女】からの連絡がないな」声の主は古き結社の上層部なのか。レイラは異常現象が仕掛けられた罠だと見抜き始める。

 

ノルウェーへの帰還

シグルドは気持ちが先走っており、レイヴンズソープに戻ってからもまともに説明もおぼつかない様子だった。それでも彼を支えるためにエイヴォルはシグルドに連れだってノルウェーへと旅立つ。そしてシグルドの言う秘密と対面した。これこそが自分が神の血族であるあかし。ヴァルハラへの入り口だとシグルドが叫ぶ。オーディンの館へと招かれそこで永遠に生き続けるのだと。不思議な球体を操作したシグルド。

巨大な、そして無機質に脈動する装置から針が伸びシグルドを接続した。エイヴォルも後に続く。これがヴァルハラの、複数の扉を持つ館なのか?そこにはヴァルカの母の姿があった。宴の咳でヨムスヴァイキングに歓迎され、間もなく門が開き、広がる戦場で永遠の闘争を繰り返す。何かがおかしい。闘争を終えるとまた宴の間を通り闘争の平原が繰り返される。こんなものは望んでいない、そう気づいたエイヴォルはシグルドにこれはまやかしだと伝える。ヴァルカの母はこの世界が虚構だと気づきながらもしがみついていた。

 

辺りが暗闇につつまれ、グングニルを携えたオーディンがエイヴォルの逃走を遮る。雷鳴が響く中オーディンに闘いを挑むが全く太刀打ちできず、ついに逃走を試みる。手にした斧がオーディンに引き寄せられ逃走を阻む。エイヴォルはついに斧を捨て救出に現れたシグルドや仲間たちの幻に連れ添われてオーディンの間を逃れるのだった。

 

隠れし者との対峙

オーディンの幻影はバシムによる干渉だった。そしてバシムこそがあの悪神ロキの転生した器だったのだ。イスの遺産との接続を解除したエイヴォルたちの前にバシム、隠れしものの長が現れる。バシムの暗殺術に追い詰められるエイヴォルに凶刃が迫る。「息子を返してもらう」そう叫びながらバシムの猛攻がエイヴォルを追い詰める。バシムの言動が全く理解できずに応戦に回るエイヴォルはついに敵の隙を突いて転倒させる。わき腹を刺されながらもバシムを装置に接続し意識を奪い封印することに成功した。

 

エイヴォルはバシムが狂気にのまれていると思い込んだ、そのせいでバシムの真の目的に気づくことができぬままイングランドへ戻った。それが間違いだった。イングランドに戻るとシグルドは首長を退き、エイヴォルがレイヴンズソープの首長となった。西ブリテンの王アルフレッドが策略を巡らせてエイヴォルを待ち構えている、新の自由を勝ち取るための最後の戦争が始まろうとしていた。

 

▶陰謀の復活

レイラはエイヴォルの身に起こったことを仲間に伝えて回った、そして地球の危機を防ぐための希望があの謎の装置に眠っていることを突き止めた。イスの遺産は厄災の回避を可能にする。レイラのノートパソコンには紀元前7万年前に起きた厄災と、滅亡を避けた8人のイス人の映像が残されていた。そして解読されたイス文明の言語、装置。エイヴォルたちが見つけたのは紀元前7万年前にイス文明によって生み出された巨大なアニムス端末だったのだ。単身で装置に向かうレイラ。装置は地球の地殻付近にあり、強大な放射線を発している。ヘルメスの杖により命を保っていられるが仲間との通信は失われた。装置に接続するレイラ、その手からヘルメスの杖がこぼれ落ちる。精神世界に入ったレイラの前に現れた謎の観測者。彼はこの巨大な装置が古代人の作ったアニムスだと告げる。7万年の昔から悠久の時を超え、人類の滅亡を防ぐための結果を測定してきたがどの手段も人類の破滅に収束すると話す。そこにレイラが解決策を持ち込んだ。特異点となるのは、デズモンドが人類滅亡を防いだことだと。そこから再計算を始める二人。

 

レイラはヘルメスの杖を謎の装置の間に持ち込んでいた。1000年の時間をバシムはずっと待っていた。この瞬間、ここにレイラが来ることを未来予測から導き出したバシムはずっと待っていたのだ。崩れ去る預言者ウルズ。預言の女神3姉妹はロキの策略によって生み出された幻影だった。さらに別の存在がロキに加担していることが分かった。アスガルズでハーヴィに預言を与えていた預言者も、幻視に視るオーディンの囁きも全てはロキの企ての一つだった。装置から接続を解除したバシム、つまりロキはヘルメスの杖を使い自らの身体を再構築する。そして現世に顕現することとなった。レイラは仲間に別れを告げ観測を続けるべく意識だけを太古のアニムスに遺す。ロキはエイヴォルの記憶に潜り込み息子を探し始める。設置したハザード(異常現象)がどう作用しているかの確認を兼ねエイヴォルの遺伝子記憶にシンクロを開始した。

 

▶新しい希望

太陽フレアによる影響から逃れるため太古のアニムスを再起動させたレイラ、そして現代を自由に動き回るロキ。この混沌とした状況の中、新たなレイラの協力者が行動を起こした。

 

ラグナロクの始まり

エイヴォルはまたハーヴィの夢を見た。アースガルズとは別の階層、スヴァルトアルフヘイムと呼ばれるドワーフが納める世界だ。この世界を訪れていた息子バルドルが邪神スルトに捕らえられた。またしてもロキの策略により窮地に陥ったハーヴィはロキを幽閉する。そして妻と二人で救出に向かう最中、炎の巨人族が襲い掛かってくる。不死の力を持つスルトには敵わず、目の前で妻を殺されてしまう。そこで夢は終わる。目覚めたエイヴォルは幻視のさらに深みを覗くため預言者ヴァルカに協力を求める。

霊薬によって訪れた世界は溶岩に浸食され、地上に住まうドワーフ達は炎の巨人に捕まり奴隷として働かされていた。侵略を免れたものは地下に隠れ、地下での暮らしを満喫するものも出始めていた。炎の巨人からドワーフを救出し、ハーヴィは贈り物を受け取る。だが他のドワーフ達はハーヴィの来訪にも興味を示さない。快く思っていないドワーフ達の罵声に、傲慢なハーヴィは苛立っている。だが彼らの協力なくしてはバルドルを助けることは叶わない。

巨人の持つ魔力を奪う腕輪「魂剥ぎ」の力により炎の巨人を倒していく。ハーヴィはバルドル奪還のために九つの世界を引き換えようとした、だがスルトの目的の前には意味を成さなかった。スルトの目的に意識が向くようになり、スルトの不死の秘密と弱みを握ろうと探索を続ける。スルトの娘エイサを捕えようと動くが、その程度では交換におうじないだろうとエルサは語る。スルトバルドルを捕えた目的は別にあるようだ。バルドルの魂を利用した企てにエイサは気づいていたが、ハーヴィは気がついていなかった。炎の巨人の斥候を追い詰め、スルトの計画には神器サラカルが用いられるのだと知る。ハーヴィは恐るべき力を秘めたサラカルという球体の秘密を探り始める。

1つの指輪の物語

スヴァルトアルフヘイムを訪れたハーヴィは不思議な光景を目にする。闇の意志が宿った指輪を溶岩に投げ込もうとする者がうろついていた。

 

 

f:id:piel:20200430120412j:plain

時代の移り変わりと共に、テンプル騎士団は「アブスターゴ・インダストリーズ」と呼ばれる一大経済勢力として表立って世の中に進出し、ゲーム・ヘルスケア・リハビリetc...といった様々な業界に手を伸ばし、企業規模をどんどん拡大していきます。

そもそもなぜ、アサシン教団とテンプル騎士団が長きにわたって争い続けているのでしょうか。その謎は、「イス族」が遺した「エデンの秘宝」という存在にあります。

作中ではこの「イス族」を「かつて来たりし者」「先駆者」などと呼びます

地球の先住民族であるイス族は人間を創り出し、創り出された人類は彼らを「神」と呼びました。

訳あって人類VSイス族との闘いが起こり、さらに大規模なコロナ質量放出による厄災によって、イス族は滅び、わずかに生き残った人類によって地球は再び再生を遂げます。

そしてこのイス族が遺した、人類を操るための「エデンの果実」や、どんな傷でも治せる「エデンの布」といった様々な「エデンの秘宝」を巡って、アサシン教団とテンプル騎士団が対立