VRフリーク

毎日おもしろおかしく過ごした、そろそろ本気で取り組もう

NFTのCryptoPunks(クリプトパンク)とは?  - Larva Labs - Collection | OpenSea

イーサリアムの「最古のNFTプロジェクト」CryptoPunksをめぐる驚くべき熱狂

f:id:kengo1983:20211126162930p:plain

ETH NFT ジェネラティブ
コインチェックNFT、「CryptoPunks」の新プロジェクト「Meebits」取り扱いへ

国内暗号資産(仮想通貨)取引所コインチェックが提供するNFTマーケットプレイスCoincheck NFT(β版)」にて、メタバースやゲーム、VRで利用できる3Dボクセルアバター「The Meebits(ザ・ミービッツ)」の取扱いが新たに開始されることが11月2日分かった。 「The Meebits」は今年5月にクリスティーズで約18.5億円で落札されたことでも話題となったNFTアート「クリプトパンク(CryptoPunks)」を手掛けるラルバラボ(Larva Labs)の最新プロジェクトだ。その発行数は2万体と限られており、今回コインチェックではそのうちの6体を販売する。なお国内のNFTマーケットプレイスにおいて「The Meebits」取り扱いは初となるとのこと。 発表によると、「The Meebits」は11月16日12時頃より販売が開始される予定となっている。決済にはイーサリアム(ETH)が必要となる。また販売価格は5~7.5ETHとなるようだ。なお販売されるのは「Meebit #1419、 #3076、#4403、#7298、#19067、#19609」とのこと。 「Coincheck NFT(β版)」は 今年3月24日にローンチしたマーケットプレイス。現在はブロックチェーンゲーム「The Sandbox」の仮想空間上の土地であるLANDのNFTや、国内発のブロックチェーンゲーム「クリプトスペルズ」のNFT、SKE48のメンバーのトレカNFT、ブロックチェーンサッカーゲーム「Sorare(ソレア)」のデジタルカードNFTの販売が行なわれている。 NFTとは 「NFT(Non Fungible Token:ノンファンジブル・トークン)」とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行されたトークンを指す。NFTの規格で発行されたトークンは、そのトークン1つ1つで個別の価値を持つ。そのためNFTを画像や映像などのデジタルデータと紐付けることで、デジタルデータの個別の価値を表現することに活用されている。 なおNFTという言葉は現在幅広く活用されており、活用するブロックチェーンマーケットプレイスの種類によって、その機能や表現できる価値が異なる可能性があることには留意が必要だ。

note.com

 

 

 

2021年3月、小さな帽子をかぶった宇宙人の24×24ピクセルの1組のポートレートがそれぞれ約750万ドル(約8億2000万円)で販売されたのは、Beeple(ビープル)がNFTを6900万ドル(約75億7000万円)で売却したというニュースが全米の新聞の一面を飾る数時間前のことだった。